動画を制作・編集はyoutubeの独壇場でしたが、インスタのIGTVも徐々に存在感を出してきました。「IGTV(アイジーティーヴィー)」は、最大10〜60分の動画をフィードやストーリーに投稿できる機能です。

フォームそのものの人気と、動画制作のハードルが比較的低いおかげで、IGTVは人気ユーチューバーのあいだに浸透しつつあった。そしていま、インスタグラムがこの長編動画サービスにアップロードするクリエイターに金銭的インセンティブを与えるようになり、ビジネスチャンスが生まれている。

(DIGIDAY)

youtubeと同じ様に広告収入が入る様に

IGTV広告の試験運用は2020年末までと本格導入ではないのですが、youtubeと同じ様に広告収入の55%がクリエイターに支払われるとのこと。またフォローしている人のストーリーに近い動画を制作できるためより手軽に制作できるのも特徴の様です。ストーリーズ(Stories)」とは通常のフィード投稿とは別枠で短時間の動画や写真を気軽にシェアでき、24時間で自動消滅するのが特徴です。

私も動画を撮影から編集までしたことがあったのですが、想像以上に大変でした。フリー素材の音源探しから動画に合わせた音楽の挿入、適切な箇所でのテキスト入力や興味を持ってくれる様な構成などなど..単純比較はできませんが、1120万人が登録するYouTubeチャンネルを運営する人が言うにはYouTube動画編集より1/10以下に制作時間を抑えられるとのこと。

内容も日常のちょっとしたこと、例えばカフェやペット、旅行など行ったコンテンツに適している様です。店舗で使っても動画で伝わりづらい珈琲を淹れる動画や、周り風景など人気を博しそうです。